アタマジラミの駆除はクシじゃ不十分!?

普通の櫛でも取れるけど専用のコームが効果的

よく昔は、アタマジラミを駆除するために、クシで髪を梳いたそうです。
確かに、私も映画「火垂るの墓」でそういった場面があったのを覚えています。

しかし、個人的には、クシなんかでアタマジラミが駆除できるのか、ちょっと疑問でした。だってアタマジラミって、寄生虫なんですから、ものすごく小さそうじゃないですか。だから、クシで梳いても全然ひっかからないんじゃないかな、と思って。

若い頃って、代謝が活発なのでフケなども出やすいですが、そういうのを実際にクシで取り除こうとしても、幾らやっても取り除くことができませんでした。そう考えると、アタマジラミも同じように簡単には取れないんだと思います。

しかし、実際のところ、アタマジラミは2~4㎜ほどの大きさがあるため、少し目の細かいクシを使えばちゃんとひっかかって、ある程度は駆除できるそうです。

それなら、よほど髪が長かったり多かったりしない限り、薬用シャンプーやパウダーを使うよりも、手っ取り早くて良いですね。

ただ、クシでアタマジラミを駆除できると言っても、それだけでは不十分みたいです。なぜなら、アタマジラミは髪に寄生している間に、そこに卵を何十個も産み付けるのですが、それはとても小さく尚且つ強く接着されている関係上、クシで取ることはできないからです。

なので、普通のクシでは無理ですが、シラミ専用のニットフリーコームなどを用いることで、ある程度は取り除くことが出来るそうです。ただし、かなり目が細かいので、場合によっては、髪の毛が引っ張られて痛いなんてことも有るようなので、もしも、お子さんなどに利用する場合は注意しなくてはいけませんね。

それに加えて、クシで取り除けなかった分は、ちゃんと薬用シャンプーやパウダーを使った方が良いんですね。