陰毛に毛じらみの卵があると…

卵を取り除かないと症状は改善しない

毛じらみは、寄生虫の部類に入りますから、肉眼では目視できないというイメージが、個人的には強く持っています。しかし、実際のところ、毛じらみの成虫は1~2㎜ほどあるため、よく観察すれば肉眼でも比較的簡単に目視できるそうです。

もちろん、それは毛じらみの知識を持っていた場合に限られ、形も丸に近いということから、毛じらみについて知らなければ、ただのシミなどにしか見えないみたいです。

となると、その目に見える成虫を取ってしまえば、毛じらみ症を直すことができるのでは、と思ったのですが、実際のところはそう簡単な話ではないみたいです。なぜなら、毛じらみの成虫は、陰毛上に卵を産み付けている場合がほとんどだからです。

つまり、毛じらみの成虫を除去して一時期は症状が改善しても、卵が孵ってしまえばまたぶり返す。幾らとってもキリが無いなんてことにもなり兼ねません。

そして、孵った成虫がまた陰毛に卵を産み付けて、ということになりますから、正に無限ループの状態になるみたいです。そのため、毛じらみ症が疑われる場合は、早めに市販されている薬用シャンプーやパウダーを使用し、卵ごと毛じらみを除去するのが一番無難とのことでした。

実際に毛ジラミになった人の体験談を聞くと、カップルで陰毛を剃って卵が増え無いように対処するなんていうやり方も有るようですが、今では、そんなことしなくても毛ジラミを除去する事の出来る製品があるようです。

最近知ったのですが、その製品は、今までとは全く別の方法で毛ジラミを除去するので、人への安全性も高く、毛ジラミの駆除にも向いているとのことでした。