アタマジラミの感染経路とは?

直接接触する事での感染がほとんど

アタマジラミは、ノミのように飛んだり跳ねたりはできないそうですね。
そのため、アタマジラミを頭に持っている人のそばに寄ったくらいで、それを移されるという危険性はほとんど無いみたいです。

もしも、野生に、人間に吸血するアタマジラミがいてそれが飛んでくるようなら、蚊よりも怖い存在となってしまうかもしれません。常にそこにいるわけですから。

しかしながら、アタマジラミの集団感染に関するニュースは、毎年一定数ありますよね。実際のところ、アタマジラミの感染経路は、どのようなものが一般的なのでしょうか?

調べたところ、アタマジラミが寄生している髪の毛に、直接接触することで移されるケースが大半を占めるとのことでした。つまり、髪の毛同士が直接触れ合うと危険。

また、髪の毛から落ちたアタマジラミのいる、シーツやタオル、枕カバーに接触することで、間接的に移されることもあるみたいです。アタマジラミは人間の髪に寄生して頭皮から吸血をしなくても、2~3日は生存できるそうです。

となると、アタマジラミの感染経路は限られていますが、感染のリスクは一定数伴うことになりそうですね。満員電車だったり人込みだったりと、他人との距離が必然的に近くなる場面は、日常生活の中でも多々ありますから。となると、結局はアタマジラミを持っていそうな人のところにはなるべく近寄らない、くらいの対策しか無さそうです。

シラミにもいくつかの種類がありますが、人に吸血するシラミは、人から人へと感染するので、衛生上の問題は関係なく、必然的に人の多いところで増えていくことになりますので、都会に住んでいる人ほど、気を付けなくてはいけないのかもしれません。