アタマジラミのプール感染は嘘!?

水ではなく更衣室で感染が拡がる

アタマジラミはよくプール感染する、というイメージが、個人的には強いです。実際、アタマジラミの発生がニュースになるのって、大抵は小学校のプール学習などに関連してですから。

しかし、実際のところ、アタマジラミが水を介して他人に感染することは、まず無いそうです。他の寄生虫や細菌感染にも共通して言えることかもしれませんが、プールのようなところでは、意外と少ないのかもしれません。

では、一体なぜアタマジラミにはプール感染というイメージが付きまとう程、プールでの感染が多く見られるのでしょうか?

調べたところ、プール施設(特に小学校や幼稚園などの)で感染することが多いのは、間違い無いそうですが、プールの水以外で、どういった形でアタマジラミに感染することになるのかと言うと、共用物を媒介するみたいです。

なんでも、不特定多数の人が使用するプール施設では、脱衣カゴやロッカーなどが共用で使われるため、そこにアタマジラミがいると一気に広まってしまうのだとか。加えて、子供だとよく気軽にタオルを使いまわしたり、学校だと衛生管理が不徹底だったりすることも多いため、集団感染が生じやすいそうです。

小学校だと、物忘れをして、プールの授業があるのにタオルを忘れてしまうなんて子も結構いるから、他の人から借りてシラミを移してしまったり、もしくは、反対にシラミを貰ってしまうなんてこともあるのかもしれません。

それ以外には、先頭にあるようなカゴが置いてある場合は、そこにシラミが隠れていて、人のニオイのするものが近くにあると、そこに移ってくるなんてことも十分に考えられそうな事です。

となると、プールに入っている時よりも、その前後の時に色々と気を付けなければいけないんですね。私もプール施設を使用する際は、ちゃんと衛生管理が徹底されている所を選ぶようにします。